<< ランニング 週間→習慣 | main | はぁ〜・・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

メタ会行事

パスタパーティー&カラオケお疲れ様でした。
Angel様のおうちは、なかなか素敵な家でした。

そして、Angel様のとこで飼ってる犬のラッキーと友達になりました♪
犬は二匹飼っているようで、もう一匹はシロだそうです。
どっちもオスでシロは、ものすごい頭悪いけど、ものすごくひとなつっこくて、ラッキーはものすごい頭良いけど、全然人になつかないそうです。

ラッキーは、飼い主であるAngel様になつくのにも結構時間かかったとか・・・
ラッキーとの初対面・・・

貴公子殿とラッキーのもとへ行ったのですが、はじめはものすごく

吠えられました

頭がいいので、知らない人への警戒は当然ですが・・・
何十分吠えてたかわかりません。
いや、1時間以上は吠えてたかな?
徐々に吠えるのが疲れたのか、あまり吠えなくなってきましたが
それでも警戒はしているようで、私たちのほうに近づいて来たと
思うと、離れて行くという一進一退をラッキーが続けていたら、
Angel様の母が来られて、ラッキーをオリの方から出してくれて、
触らせて頂きました。
(オリはある程度駆け回れるくらい広いです)

そのあとから、ラッキーは少し気を許してくれたみたいで、
ある程度距離を保ちつつ触らせてくれるようになりました。
(触らせてくれるようになるまで、約2時間かかりました。)
その後もラッキーとボール遊びをしたりしていると、いつの間にか
自分から寄って来てくれるようになりました。(ヤッター!)

Angel様いわく、他人になついたのは

初めて

のことだそうです。
ものすごい快挙を成し遂げました!
(苦労しました・・・)

楽しい時間も終ってしまい、大学に帰ってメタを少しやって夕飯食べて
いざ、カラオケへ!

カラオケは、毎回×2つたないというか、ヘタクソで申し訳ないです。
あれでも、一生懸命歌ってるんです・・・
あー、でも毎回、ちょっとずつではありますが、進歩は一応している
ようで嬉しい限りです。
(かなり余談ですが、今、「嬉しい限り」を「嬉しい陰り」って書きそうになりました。汗)

早く、皆さんのようにいろんな歌を上手に歌えるようにしてください。なりたいです!
まぁ、そういうことで、みなさんこれからもよろしくです。ペコペコ




| メタ・アナ編 | 00:43 | comments(5) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 00:43 | - | - |

Edit this Entry

Comment

昨日(今日?)はお疲れさん!
J君、カラオケ、確実にうまくなってたよ!

ビートルズ歌うとき、裏声を使おうと
したり、外人特有の癖を表現しようとしたり・・・

ただ、課題にするとしたら。。
音の幅。低い声から出せるようにしてみて!
高い声を出すよりも低い声を出すほうが
難しいの・・・。
 
あとはまあ、メロで強弱をつけたり、歌に表情を
つけるとかはまだ気にしなくていいよ!

個人的に練習するとしたらキーと呼ばれるやつを
-1にしたり-2にしたりして歌ってみて!

(僕がゆうのはとてもおこがましいのですが・・・)

誰かが成長してるのをみるとうれしいのです。

| 貴公子 | 2005/10/31 1:27 AM |

早速コメントどうもです。

へぇ〜、低い声の方が出すの難しいんですか・・・
知りませんでした!

次回は、いつになるのか分からないけど、音の幅を意識してやってみます。

全然おこがましくないですよ。
いつも、何かしらのアドバイスしてくれてありがとうございます。ペコペコ

| PL人 | 2005/10/31 1:37 AM |

>触らせてくれるようになるまで、約2時間かかりました。

えっ?そうなの?
はじめから触れたけど……(汗)。

| hilarious | 2005/10/31 3:00 AM |

ってかそうか。

PL氏と機構獅子が最初にならしておいてくれたから触れたわけだね。納得。お疲れでやんした。

| hilarious | 2005/10/31 11:09 AM |

2時間は、間違いでした。すいません。はっきりとは覚えてないんですが、ラッキーのとこに行って1時間くらいしてから、Angel様の母が来てそのあとからちょっとずつ触らせてくれるようになったので、Angel様の母が来るまで1時間、その後、パスタ等食べるまでの時間が1時間くらいでした。

どっちにしても、最初の1時間近くは触らせてくれなかったのは確かです。

| PL人 | 2005/10/31 12:18 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://jei-noheya.jugem.jp/trackback/27

Trackback